2016年5月20日金曜日

Microserver FreeBSD10.3でNASとWebサーバーを構築する5 メインテナンス編

一通りの設定が済んだので、メインテナンスについて述べる。

普段のアップデート作業まとめ
カーネルのアップデートチェック
# freebsd-update fetch
アップデート対象があったら
# freebsd-update install

パッケージに脆弱性がないかチェック
# pkg audit -F
パッケージ一括アップデート
# pkg upgrade

ZFSストレージにエラーがないかチェック
# zpool status

以上である。
これで最新に保たれる。ただし、パッケージアップデートはportで配布された後に出来上がるため、portで追うより古くなってしまう。特に、脆弱性があり、パッケージにアップデートが来ていない時は場合によってはそのパッケージに関して無効にしたり、portをインストールして最新版を入れる必要がある。

かつては私もportで最新版を追わなければ、バイナリインストールより自分でビルドして最適化しなければと思っていた時期がありましたが、実際やってみるとport管理は面倒くさい。
また、最近のパソコンであればバイナリインストールでも実用上十分な速度が出せる。
なので、パッケージ管理に一本化するようになってしまった。
実際、FreeBSDの敷居を上げているのはport管理であると思う。パッケージにしてしまえば随分楽になるものである。(常には最新版を追えなくなるが)

また以前、Cronでアップデートやストレージエラーをチェックし、何かあれば管理者にGmailでメール通知が来るようにssmtpをインストールしたりもしたのだが、問題がないときにも通知メールが来て、却って面倒になりチェックをしなくなってしまった。(本当はルール設定すればこの辺りは解決できるが)
なので、定期的にこれらの作業を手動で行うようにしている。


参考・引用
ZFSを使いたかったので、FreeBSD 10.0をインストールしてNAS構築
http://ik-fib.com/2014/02/freebsd10-install/
[FreeBSD] 日常使いのpkgng その1
http://april.fool.jp/blogs/2013/03/freebsd-%E6%97%A5%E5%B8%B8%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%AEpkgng-%E3%81%9D%E3%81%AE1/

0 件のコメント:

コメントを投稿